The Imperial Rescript on Education

教育ニ関スル勅語
Know ye, Our subjects:

朕ちん惟おもフニ、我ガ皇祖こうそ皇宗こうそう、國ヲ肇はじムルコト宏遠こうえんニ、徳ヲ樹たツルコト深厚しんこうナリ。
私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。
Our Imperial Ancestors have founded Our Empire on a basis broad and everlasting and have deeply and firmly implanted virtue

我ガ臣民しんみん、克よク忠ニ克よク孝ニ、億兆おくちょう心ヲ一いつニシテ、世々よよ厥そノ美ヲ済なセルハ、此こレ我ガ國体ノ精華せいかニシテ、教育ノ淵源えんげん、亦また実ニ此ここニ存ス。
そして、国民は忠孝両全の道を完うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、美事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
Our subjects ever united in loyalty and filial piety have from generation to generation illustrated the beauty thereof. This is the glory of the fundamental character of Our Empire, and herein also lies the source of Our education.

爾なんじ臣民、父母ニ孝こうニ、兄弟けいていニ友ゆうニ、夫婦相和あいわシ、朋友ほうゆう相信ジ、恭倹きょうけん己おのレヲ持じシ、博愛衆しゅうニ及ボシ、学ヲ修メ、業ぎょうヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓発シ、徳器とっきヲ成就じょうじゅシ、進ンデ公益こうえきヲ広メ、世務せいむヲ開キ、常ニ國憲ヲ重おもんジ、國法ニ遵したがヒ、一旦緩急かんきゅうアレバ、義勇公こうニ奉ほうジ、以テ天壌てんじょう無窮むきゅうノ皇運ヲ扶翼ふよくスベシ。
国民の皆さんは、子は親に孝養をつくし、兄弟、姉妹はたがいに力を合わせて助け合い、夫婦は仲むつまじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じあい、そして自分の言動をつつしみ、すべての人々に愛の手をさしのべ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格をみがき、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心をささげて、国の平和と、安全に奉仕しなければなりません。
Ye, Our subjects, be filial to your parents, affectionate to your brothers and sisters: as husbands and wives be harmonious, as friends true; bear yourselves in modesty and moderation; extend your benevolence to all; pursue learning and cultivate arts, and thereby develop intellectual faculties and perfect moral powers; furthermore advance public good and promote common interests; always respect the Constitution and observe the laws; should emergency arise, offer yourselves courageously to the State; and thus guard and maintain the prosperity of Our Imperial Throne coeval with heaven and earth.

是かくノ如ごとキハ、独ひとリ朕ガ忠良ちゅうりょうノ臣民タルノミナラズ、又以テ爾なんじ祖先ノ遺風いふうヲ顕彰けんしょうスルニ足ラン。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然のつとめであるばかりでなく、また、私達の祖先が今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、更にいっそう明らかにすることでもあります。
So shall ye not only be Our good and faithful subjects, but render illustrious the best traditions of your forefathers.

斯こノ道ハ、実ニ我ガ皇祖皇宗ノ遺訓いくんニシテ、子孫臣民ノ倶ともニ遵守じゅんしゅスベキ所、之これヲ古今ニ通ジテ謬あやまラズ、之これヲ中外ちゅうがいニ施ほどこシテ悖もとラズ。
このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、このおしえは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、まちがいのない道であります。
The Way here set forth is indeed the teaching bequeathed by Our Imperial Ancestors, to be observed alike by Their Descendants and the subjects, infallible for all ages and true in all places.

朕、爾臣民ト倶ニ拳々けんけん服膺ふくようシテ咸みな其その徳とくヲ一いつニセンコトヲ庶幾こいねがフ。
私もまた国民の皆さんとともに、父祖の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。
It is Our wish to lay it to heart in all reverence, in common with you, Our subjects, that we may all thus attain to the same virtue.

明治二十三年十月三十日
The 30th day of the 10th month of the 23rd year of Meiji (1890)

御名ぎょめい御璽ぎょじ
(Imperial Sign Manual. Imperial Seal)